高野山十三 仏御寳印帳

高野山十三 仏御寳印帳

真言宗では胎蔵・金剛界曼荼羅の大日如来を中心とする多くの仏さまを信仰するところに特長があります。曼荼羅の仏さまのうち、それぞれのすぐれた功徳により、供養する精霊を極楽にお導き下さるよう、亡き人の初七日から三十三回忌までに、それぞれの誓願と徳を持っている仏様が配置されています。
この忌日ごとの守り本尊が「十三仏」です。

各々の仏様をおまつりしている寺院を巡り、亡き人のため巡拝者自身の逆修回向と現生利益のために功徳を積むことを、十三佛参りと言います。
また、十三体の仏様によっては各自の干支、生まれ年の守り本尊ともなります。

続きをみる

高野山法徳堂/空海と高野山の魅力を独自の視点で伝えています。

最新情報は、Twitterでチェック!

関連記事

  1. 雨の日は、写経

    雨の日は、写経

  2. 「高野山も暑いね〜」

    「高野山も暑いね〜」

  3. こんにちは☀本日の高野山は晴れで、お参りの方も多いです😊

    こんにちは☀本日の高野山は晴れで、お参りの方も多いです😊

  4. こんにちは😊本日の高野山は雨模様です☔

    こんにちは😊本日の高野山は雨模様です☔

  5. おはようございます😃今日は晴れて気温も湿度も高い1日になりそうです☀

    おはようございます😃今日は晴れて気温も湿度も高い1日になりそうです☀

  6. 書き置き御朱印が増えています

    書き置き御朱印が増えています